パスモ入れ検索
全国温泉予約

パスモ(Pasmo)はどバス情報局へようこそ

はどバス 乗り場

はどバス 乗り場 東京丸の内

はどバス乗り場として有名な東京丸の内。その歴史は古く、1890年に今の場所・土地がかわれたそうです。その当時は何もない平地。今では東京の中心でもあり、はどバスの乗り場としても栄えています。
1937年、東京駅前広場は帝都の玄関口として乗降客で混雑していた上に、震災後は自動車や市電・バス等の路面交通量も増え続け、歩行者にとっては危険な状態となっていました。それにともなう交通不安を解消するために、地下道がつくられることになりました。このころはまだ乗り場どころか、はどバスもまだありません。
竣工当日(朝日新聞には「地下に潜る丸ビルマン、けふから濡れずに東京駅へ」と掲載されています。
はどバスの乗り場として有名な丸の内は、明治23年の丸の内払い下げから100年を迎えることとなりました。記念行事として写真展の開催などのほか、丸ビルでもいろいろな催事が行われました。
大正12年2月の竣工以来、70年余を経て経年劣化が進み、部分的な補修や改修では充分な耐震性能を確保できないことを理由に、建替えを決定し、平成11年、着工することとなりました。
今やはどバスにすればなくてはならない乗り場のひとつです。

はどバス 東京

はどバス 東京 観光バスの日

観光バスの日(12.15)12月15日は観光バスの日です。1925年の今日、東京遊覧自動車会社が皇居前→銀座→上野のコースで定期観光バスを運行しはじめたのを記念するものです。ただ定期運行でなくてもよければ、東京市街自動車会社という所が遊覧コースの運行はしていました。東京の観光バスといえば「はどバス」ですが、はどバスは1948年8月に営業を開始しています。浅草寺や東京タワーなどを巡ぐるはどバス。最近は「お上りさん」的な人の減少からかはどバスの乗客も目減りしているようですが、この会社には頑張って欲しいものです。そもそも全国的に観光バスの経営は厳しくなってきているようですが背景には価値観の多様化があるのでしょう。特に価値観が多様化しがちな都会の観光は難しいものがあり、昭和40年代くらいまでは東京に出てきた人には、浅草寺,神田明神,東京タワー,上野動物園,代々木競技場,明治神宮などといった所をはどバスが回るだけで喜ばれたそうです。はどバスと東京の歴史は長いんだと痛感しました。

はどバス 日帰り

はどバス 日帰り プラン

はどバス日帰りプランにはいろいろあります。

はどバスの日帰り紅葉の奥日光 三名瀑(吹割・竜頭・華厳)めぐりとりんご狩り。池袋駅東口(7:30発)関越道沼田りんご狩りが、なんと食べ放題!吹割の滝もみじ狩り(散策・自由昼食)金精峠通行竜頭の滝中禅寺湖(水面に映える紅葉を車窓より)華厳の滝東北道池袋駅(19:30着予定) のはどバス日帰りコースです。

はどバス日帰り紅葉の奥日光 三名瀑(吹割・竜頭・華厳)めぐりとりんご狩り。上野駅浅草口(7:00発)関越道沼田りんご狩り(食べ放題)吹割の滝もみじ狩り(散策・自由昼食)金精峠通行竜頭の滝中禅寺湖(水面に映える紅葉を車窓より)華厳の滝東北道上野駅(19:30着予定)のはどバス日帰りコースです。

はどバス日帰り紅葉の奥日光 三名瀑(吹割・竜頭・華厳)めぐりとりんご狩り。新宿発新宿駅西口(7:00発)、関越道沼田りんご狩り(食べ放題)、吹割の滝もみじ狩り(散策・自由昼食)、金精峠通行竜頭の滝中禅寺湖(水面に映える紅葉を車窓より)華厳の滝東北道新宿駅(20:00着予定のはどバス日帰りコースです。
(本コースには、お食事は含まれません。)

はどバス ツアー

はどバス ツアー エキゾチック

はどバスでいくエキゾチックツアー!名付けてエキゾチック横浜!
このはどバスツアーは、新宿駅東口を出て、横浜を満喫ツアーです。
まず東京駅丸の内南口を9:00に出て、港の見える丘公園・山手洋館・外国人墓地 へ。外国人墓地!?と思われますが以外と以外とてもきれいで自由散策を70分設けられていますが足りないかもしれません。
それぐらい行く価値があります。
その後、はどバスは横浜ロイヤルパークホテル「シリウス」へ。地上277メートル、ランドマークタワー70階でバイキング料理の食事を食べます。ツアーの醍醐味ですね。それからみなとみらい21で自由行動で70分過ごし横浜中華街 を自由散策。そして、はどバスは東京駅へ。
17:00着予定です。
食事は昼食だけのうれしいバイキング付。料金は大人は8,900円の、子供が 5,230円のはどバスツアーになってます。
横浜という近場のはどバスツアーですから割と場所場所のゆったりとした時間設定はうれしい内容のツアーになっています。はどバスにゆられながら横浜を満喫する。納得のいく、はどバスツアーになっていると思いますよ。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。