パスモ入れ検索
全国温泉予約

パスモ(pasmo)

パスモ(Pasmo)って何?

パスモpasmo」って何?

パスネットのパス・「もっと」の意味を表す「MORE」の頭文字「MO」をとってパスモと名付けたそうでです。

パスモの「モ」は、パスネットとバスが合体した「&」を表す助詞の役割も果たし、「電車も、バスも、あれも、これも」利用できるようになるという「モ」という意味もあるんですって。

『改札のご利用はタッチするだけでOK!』
『カードをくり返し使うから、環境にもやさしい。』
『バスもタッチするだけ』
『お財布代わりに使えて、お買い物も便利』

色々な特徴があって、利用する人が、利用しやすいように考えてくれていますね。

種類も定期式になっている記名式のものや、無記名で誰でも使えるもの、子供用など、利用方法によって区別できるのがいいですね。

それ以外にも、Pasmoは電子マネーとしても利用できるんです。
Pasmoにチャージされた金額を鉄道やバスでのご利用以外に、お店や自動販売機でにお買い物に利用することができるんです。
専用の端末機会にPasmoをあてると、ピピッと音がして、支払い完了!
これは急いでいるときには本当に便利ですよね。
利用できるお店には、パスモマークが表示されているので確認してからご利用くださいね!

パスモ(pasmo)

パスモ(Pasmo)は便利な機能つき!

パスモ(Pasmo)って、使っているうちにいったいいくら残高があるのか、わからなくなったりしそうですよね。
そんなときは、簡単に残高を調べる方法があるんだそうです。

残額履歴っていうのが、駅の券売機やバス営業所等で表示・印字することができるのでいつでも残額を見ることができますね。

残額履歴には残額の他に、利用内容、運賃を減額した区間等が表示されるので利用履歴もわかっていいですね。バスの場合は「バス事業者の名前」が表示されるそうです。

後、駅やバス営業所でのお知らせ機能を設定すると残額が1,000円以下になった場合、または定期券の有効期間が14日以内になった場合、改札機やバスの車内でのご利用時に電子音で知らせてくれる機能も備わっているそうです。

残額の目安がわかって安心してパスモ(Pasmo)使うことができますね。
それでもうっかり不足分が出た場合、不足分だけチャージする方法と、1000円単位でチャージする方法とあるそうです。
利用者にとってはいたれりつくせりのいいシステムですネ。

パスモ(pasmo)

パスモ(Pasmo)ロボって知っていますか?

パスモ(Pasmo)にはキャラクターがあるって知っていましたか?

パスモ(Pasmo)ロボットって、言うそうです。なんだか、そのまま!っていう感じね。もっと可愛い名前でも付けてあげればいいのにな。

首都圏をキビキビ移動するのが大好きなロボットなんですって。普段はおなかのポケットにしまっているパスモ(Pasmo)を使って移動するけれど、急いでいるときは自らバスや電車に変身しちゃうらしいです(笑)
パスモ(Pasmo)の先進性、未来性をロボットに表現しているようですね。

まぁ、見た感じ、ロボットといっても決して無機質ではなく「人に優しい」「便利」であるというイメージを持たせた、柔らかく親しみやすいキャラに見えます。きっこのキャラクターをパスモ(Pasmo)の広告媒体にしていくのでしょうね。なんだかお堅いイメージのあるこの業界には
いいかもしれません。

それにしても、在庫がなくなるほど売れたパスモ(Pasmo)。すごい人気ですよね。徐々に発売再開になってきているようですが、まだまだ100%とはいかないのかな。
今後どんなサービスが出てくるのか、ちょっと期待です!

パスモ(pasmo)

パスモ(Paasmo)子供とパスモ

パスモ(Pasmo)の盛り上がり方ってすごいですよね。

以前も、パスモ(Pasmo)が予想を上回る売れ行きで、販売制限になったニュースが話題となったけれど、9月になってようやく落ち着いてきたとか。
通勤、通学など大人学生だけでなく、子供たちにもパスモ(Pasmo)は人気だというから驚いちゃう。

昔の「電車ごっこ」は、切符と穴を開けるパンチがあって、切符もどきに穴を開けて喜んでいた時代とは違い、今はパスモ(Pasmo)カードに見立てたカードもどきにちゃんとパスモ(Pasmo)って書いて、ピッと端末を通す・・・そんな遊び方をするらしいです。

このパスモ(Pasmo),子供ながらにも、何かのステイタスに思えるようで、「持ってる」と言うだけで、なにかすごいものを持っているように賞賛されちゃう。
そしてパスモ(Pasmo)でピピッと買いものなんぞしようものならもうすごいことになる。「うわっ、すご〜い!かっこい〜」ってな感じ。

パスモ(Pasmo)には子供用のカードも存在するわけで、もちろんすでに使っている子もいるということで、電子マネーが子供たちの世界に入り込むのはもしかしたらそう遠い次代ではないのかもしれませんね。

パスモ(pasmo)

パスモ(Pasmo)でもっと便利に!

都会で生活している人にとっては、公共交通機関は重要な役割を果たしています。バスネット、定期券、スイカカード、など、券売機に並ばなくても良いICカードは色々あって、その使い分けもかなり面倒。
そんな煩わしさを解消するパスモPasmo)の出現は画期的ですよね。

パスモ(Pasmo)は、改札機にタッチするだけでゴー出来るだけでなく、
地下鉄、私鉄、首都圏のJR、そしてバス…スイカとの相互利用開始に伴い乗車できる路線が大幅に増えたパスモは、まさにこれ一枚でどこにでも行ける万能切符です。

パスモ(Pasmo)は、運賃の清算も、複雑な都会の乗り継ぎでの運賃計算も全て自動で計算してくれるので助かります。

パスモ(Pasmo)は、オートチャージ機能や、電子マネー機能がついていて、買い物までできちゃうのは本当に便利。
並ぶことが嫌いないそがし都会の人にとっては、画期的なカードの出現です。

ただ、初めの読みを間違えちゃったか、発売3週間で300万枚も売り上げてしまい、生産が追いつかなくなることを恐れて、販売を制限しちゃったんですよね。2007年、9月になってようやく十分な在庫を抱えての発売になりましたが、パスモ(Pasmo)は、それくらい便利で、すばらしいカードということですね!

パスモ(pasmo)

パスモの利用エリア拡大

パスモpasmo)のエリアが拡大します。
----------------------------------------------------------------
2008年3月より、交通ICカード「PASMO」をお使いいただける利用エリアおよびサービスを拡大いたします。
PASMO加盟事業者の新線開業やJR東日本線内の「Suica」全エリアとの相互利用にともない、PASMOの利用エリアを拡大いたします。
また、「PASMOオートチャージサービス」では、すでにお持ちのPASMOにオートチャージサービスを追加いただけるなど、
新たなサービスをご利用いただけます。
さらに、1枚でPASMOとクレジットカードのサービスをご利用いただける新たなPASMOを発行いたします。

----------------------------------------------------------------
ますます便利になる、パスモpasmo)今後の展開に期待します!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。