パスモ入れ検索
全国温泉予約

はどバス 京都

はどバス 京都 名所

「はどバス」京都と言ってピンとくる方はどれくらいいるだろうか。私は全然ピンときません(笑)。ただ京都といえば誰もが知っている観光名所ですから、はどバスさんが京都のコースをつくるのも何となく理解はできますね。はどバスさんは東京に本社があります。東京から京都まで約600キロ弱で結構遠いですね。はどバスはこの距離をとばします。半日ぐらいかかり着いたら各名所をぶらり。はどバスにゆられ京都までの道のりを楽しみながらいきます。はどバスって乗り心地はいいだろうか。
気になります。京都につけばまずは清水寺に行きます。京都では1番有名な寺と言っても過言ではないでしょ。主に学業の神様とされており、受験生などを特に多く見ます。やはり最後は神頼みをして、しっかり備える学生は後をたちません。
私が個人的にすごいと思うのは清水寺の土台の作り。もちろん木材で作られており、その土台のくみかたは圧巻です。横からみると崖っぷちに建てられいる寺なんだと思い、実際上から下を見下ろすと足元は崖になっていますので覗き込む前に足がすくんでしまいます。
高所恐怖症の私はとてもじゃないがあの場所から覗き込むなんて行為はできないです(汗)。ですが、そこからの眺めは最高でこれぞ日本の景色だ!と思いました。秋なんかの紅葉もオススメですね。はどバスで行く京都。最高ですね。

はどバス 京都

はどバス 京都 温泉

「はどバス」京都なんてと思われますが、一泊二日や二泊三日ではどバスで行く、京都三尾と六甲温泉パック。温泉でゆっくりしたいですね。さすがに日帰りとは行かない距離なのではどバスで京都への道のりを贅沢に時間をかけていくのもわるくないはず。結構な長旅になるから車内でつまむお菓子や飲み物は絶対持ち込みたいアイテムですね。はどバスは東名高速をとばし、京都にはいります。京都に入る前にあらかじめ食べたいものをリストアップしておきましょう。私ならまずは京都の抹茶。そして、定番ですが”おたべ”などもなかなか普段食べる機会がありませんので、このはどバスツアーでこその京都を堪能したいですね。あとはは
とバスの中でコースに入っていない観光スポットの位置も地図を見ながら把握しておきたいです。はどバスから降りてゆっくりと見れない場所があるかもしれません。ですから道中、京都に入ると、はどバスからの外の景色はちょっとでも見落とすことはもったいなくてできないんです。双眼鏡を首にぶら下げる行為もおすすめです。京都は言わずと知れた観光名所。歴史も長いですし、見るところも一泊や二泊では到底カバーできません。ですからはどバスさんもよりよく京都をまわるために行かない所や通るだけの所もありますのでご注意を。

はどバス 京都

はどバス 京都 お気楽

「はどバス」に乗り込んで、ついでに京都にいきましょか!なんて気楽にいえたらいいですが、いかんせん沖縄という島から、はどバスを乗りに行くのに海を渡らなければいけないのでなかなかの苦労があります。自分自身はどバスでではないのですが、大阪に住んでいたこともあり、京都には何回も足を運んだことがあります。京都は寺が多い所ですので、もっぱら寺巡りが観光のメインになりますね。実際はどバスでの京都観光も、寺巡りメインというコースが多いみたいです。一泊二泊でゆっくり京都のまちをはどバスで巡る。いいじゃないですか。自分自身でレンタカーを借りて京都のまちを探索するのも悪くないと思いますが、はどバスでガイド付きで京都の寺を巡ったほうがいろいろな知識も入っきますし、地元の方でもそうだったのかと納得する場所もあったりして確かな歴史を知る事ができると思います。はどバスのぶらり旅なら京都を狭く深く知る事もできますし、広く浅く知る事もできますね。思いの他京都は広い。というか見学するところが沢山ありますので、何を見たいかしっかりメインを決めてから、はどバスに乗り込んで京都に向か
いたいものですね。出発場所と到着場所の確認もしっかりしておきたいです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。