パスモ入れ検索
全国温泉予約

はどバス 乗り場

はどバス 乗り場 紹介

はどバス乗り場 ご紹介!

まずは◆東京駅丸の内南口。その名のとおり、JR東京駅丸の内南口を出てすぐ左に位置しているはどバス乗り場です。まあ、一番多く出発、到着しているはどバスの乗り場になりますね。有名です。

続きまして、◆新宿駅東口新宿駅東口ルミネエスト1階。
このはどバスの乗り場も多くの出発があります。
新宿は大都会ですよね。

他には、
◆新宿駅西口。新宿駅西口明治安田生命ビル横にあります。
◆浜松町バスターミナルは、JR浜松町・地下鉄大門隣 世界貿易センタービル別館1階に。
◆池袋駅東口は、池袋駅東口グリーン大通り東京信用金庫前に。
◆品川駅東口は品川駅東口都営バスのりば7番です。
◆有楽町駅京橋口は、有楽町駅京橋口 東京交通会館向かいにあります。
◆上野駅浅草口は上野駅浅草口 ホテルアスティル上野斜め向かいに。◆横浜駅東口YCAT

横浜駅東口スカイビル内YCAT第にある、はどバスの乗り場ですね。大体東京のはどバスの乗り場はおさえました。東京に行った際はどうぞこのはどバスの乗り場をお使いください。

はどバス 乗り場

はどバス 乗り場 東京丸の内

はどバス乗り場として有名な東京丸の内。その歴史は古く、1890年に今の場所・土地がかわれたそうです。その当時は何もない平地。今では東京の中心でもあり、はどバスの乗り場としても栄えています。
1937年、東京駅前広場は帝都の玄関口として乗降客で混雑していた上に、震災後は自動車や市電・バス等の路面交通量も増え続け、歩行者にとっては危険な状態となっていました。それにともなう交通不安を解消するために、地下道がつくられることになりました。このころはまだ乗り場どころか、はどバスもまだありません。
竣工当日(朝日新聞には「地下に潜る丸ビルマン、けふから濡れずに東京駅へ」と掲載されています。
はどバスの乗り場として有名な丸の内は、明治23年の丸の内払い下げから100年を迎えることとなりました。記念行事として写真展の開催などのほか、丸ビルでもいろいろな催事が行われました。
大正12年2月の竣工以来、70年余を経て経年劣化が進み、部分的な補修や改修では充分な耐震性能を確保できないことを理由に、建替えを決定し、平成11年、着工することとなりました。
今やはどバスにすればなくてはならない乗り場のひとつです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。